FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐久島/アート

佐久島は「アートの島」とも呼ばれ、島の各地に作家の作品が設置されて、
島を訪れる観光客を楽しませている。

海岸の砂浜に設置されている造形物「おひるねハウス」
IMG_7037.jpg
季候のいい時期に時間があれば、ここで昼寝をするのもいいかもしれない。
日陰で風通しもいいし、風と波の音を聞きながら。

ただし、寝る場所は砂でザラザラしているからシートなどを持参した方がよい。

今回の佐久島の旅で印象に残ったものは、そのような作家の作品ではなく、
一般の人達の住居や趣味で作成した作品だった。
そして、それが強い印象として残った。

               自然が作った壁飾り
P1000955.jpg
廃屋の壁に紅葉した植物が美しく絡みついていた。

ぶらぶらと歩いていくとモアイ像?を発見。なんと郵便受けであった。
P1000944.jpg
そして、その奥にはレゴブロックで作られたようなパワーショベル。
工事現場の重機がこのようなカラフルな色に塗られていたら、子供達は
喜ぶだろうな。

リゾート地のような雰囲気
P1000946.jpg
青い空、白い雲、ウッディーな家、緑の庭、庭の先には水色の海、リゾート地の
ような風景である。

さらに歩いていき、子供が手を洗いたいと言ったときに、たまたまそ家の外に
出ていた奥さんが、「ここで洗いなさい。」と、我々を敷地内に入れてくれた。

敷地には井戸があった。それもポンプ式でなく、上に滑車があり、ロープの
先にはバケツが結びつけられている。

そのバケツを井戸に落とし、水の入ったバケツを引き上げるのである。
なんだか時代劇風!

その後、奥さんがいいものを見せてくれた。
それが、この写真のランプ類である。美しいでしょう!!
P1000948.jpg
奥さんの手作り作品とのこと。
主な材料は、海岸で拾ってきたガラス片である。

こちらは、貝殻を使った作品
P1000949.jpg

整然と並べられたランプなどを制作する工具類
P1000950.jpg

佐久島で使われていた生活用品(骨董品)
P1000951.jpg

佐久島では、あまりパンフレットに頼らず、適当にぶらぶら歩いていたら
いい経験ができた。犬も歩けば棒に当たる。

思わぬ得をした佐久島の旅であった。

酒井和久
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅげむ

Author:じゅげむ
行政書士渡辺航三(代表)、行政書士酒井和久、補助者4名
(業務内容)
建設業許可、産廃業許可、運送業許可、古物商許可、会社設立、会計記帳、遺言・相続手続、農地転用 他
(所在地・連絡先)
浜松市北区三方原町476-5 
Tel:053-439-0249
気軽にご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。