FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古峯神社に泊まる

前回書いたように神社に泊まるのですから、当然制約はあると
思いますし、姿勢や態度が自然によくなるように思います。

普段はそれほど気にする場所がなくなってきたのですが、ここでは
和室での行儀や作法などが頭を掠めるのです。

とはいえ、それほど行儀作法を知っているわけではないのですが。

敷居や畳の縁は踏まない。
廊下や大広間に多くの畳が敷いてあるので、畳の縁を踏まずに
歩くのには気を遣いました。

食事は大広間でした。
RIMG2378.jpg
広いでしょう。
この日の宿泊者は5グループ10数人でしたので、大広間では
広すぎですね。

畳で正座をする。
法事などの時は正座をする人はまだ多いのですが、食事の時に
正座する人は少なくなりましたね。

日本旅館や民宿などでも、畳の部屋で食事をするときに正座姿を
見ることはほとんどなくなりました。

お酒は飲めないかなと思っていたら、お膳に110ccの日本酒
(御神酒)が入った瓶が置いてあり、それを飲んでもよし、
お土産で持ち帰るもよしということでした。

初めてではないらしいグループの方は、お膳につくとビールや
日本酒を注文して飲んでいましたので、ほどほどに飲むことは
問題ないようでした。

夕方5時30分からの巫女の舞い、朝8時からの御祈祷は必ずしも
参加しなくてもいいのですが、たまには、このような体験
(座っているだけですが)をするのもいいものですよ。

朝の御祈祷では、宿泊した人の住所・氏名まで読み上げてくれた
ようで驚きました。

私が使った部屋は12畳ほどの広さがありましたが、テレビ、冷蔵庫、
エアコンはありませんでしたが、テレビと飲み物・軽食(カップ
ラーメン)の自動販売機のある部屋があり、門前には土産物屋が
数軒ありますので、不便さを感じることもありません。

夏でもエアコンが必要ない気温・湿度ですから、暑くて困ることも
ないと思います。
建物が広くて、平屋ということも涼しい理由でしょうね。

多少の不自由さは感じるかもしれませんが、それ以上に、よかったと
思うことが多い体験でした。

そうそう、それから古峯神社には庭園もあるのです。
入園料は別途必要ですが、見学されるといいでしょうね。

                 古峯園
RIMG2380.jpg

RIMG2383.jpg

RIMG2387.jpg

酒井和久
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

じゅげむ

Author:じゅげむ
行政書士渡辺航三(代表)、行政書士酒井和久、補助者4名
(業務内容)
建設業許可、産廃業許可、運送業許可、古物商許可、会社設立、会計記帳、遺言・相続手続、農地転用 他
(所在地・連絡先)
浜松市北区三方原町476-5 
Tel:053-439-0249
気軽にご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。