FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントンDCへ・・・!

  今月の中旬に1週間のお休みをいただき、
アメリカ ワシントンDC   に行ってきました。 

  初めての「一人旅」です。

航空券探し、ホテル探し、地下鉄の乗り方や、博物館・公共機関
調べ・・・と1ヶ月間バタバタしていました。

安い旅行には苦労がつきもの。
飛行機を2回乗り継ぎ、22時間ぐらいかけてやっと着きました。

まず最初に見たのは、ワシントンDCのシンボル「ワシントンモニュメント」

Washington Monument

こちらは現在、耐震工事中ということで、中に入ることはできません。残念!

ワシントンDC(ワシントン州と区別するためあえてDCを付けます)というと
政治の殿堂でありますが、それと並んで「スミソニアン博物館」が有名ですね。

実は私も今回初めて知ったんですが、スミソニアン協会は 19の博物館美術館を
持っていて、そのうち16がDC内にあり、そのうちDC中心部に10あるのですが

まずその中の「アメリカ自然史博物館」です・・・

自然史博物館1

中はこんな感じで、地球が誕生してから46億年の自然界に存在するすべての
物を網羅しているといっていいほどで、収蔵品は1億3千万点近くあるそうです(汗)

自然史博物館2

 たぶん私はほとんど見ていないといえます・・・

このほか「アメリカ歴史博物館」「アメリカ航空宇宙博物館」を見ました。
気が遠くなるほど広くてたくさんあって、時間がいくらあっても足りません。

 こちらは「ホワイトハウス」・・オバマさんはいるのかな?白く綺麗な建物です。

WhiteHouse2.jpg

 今回、意外にも「国会議事堂」が私にとって印象深い所になりました。

USCapital2.jpg

 この建物の中が、見学できるんです!

 予約していかなかったので、朝早く並びまして見学ツアーに参加し
大きな外国人達に混じって内部を見ることができました。

Inside the US Capitol 1

 ロタンダ(円形大広間)、彫像ホール・・・

Inside the US Capitol2

 50州がそれぞれに、州で傑出した人物2名を選んだ彫像が並んでいます。

国会議事堂の建物続きには、「最高裁」「議会図書館」「トーマスジェファーソン館」が
あり、美しく神聖な場所という印象です・・・


堅苦しいようなものばかりで長くなりましたので、・・続きはまた。。。

                                by アツミ



スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ジュビロ磐田メモリアルマラソン

11月24日 磐田市で開催された磐田ジュビロメモリアルマラソンに
参加しました。

今回参加した同業の行政書士は、渡邉恵子さん、石川高雄さん、
神村秀和さん。

会場に到着し、更衣室で着替えをして外に出ると、すでに渡邉恵子さんと
娘さんが待っていてくれました。

「早いな~!」と思いながら見ると、彼女の頭に乗っている帽子が
赤くて大きくて目立つんです。

なんと、スーパーマリオに変身していたのです。

話を聞くと、彼女の高校時代の友人二人も参加するそうで、三人で
そのキャラクターになって走るというのです。

ジャジャーン!
photo4_20131124195201c76.jpg
成り切っていますよね。

スーパーマリオは5キロのコースを走り、その時には口ひげも生やして
いました。

仲のいい友人で楽しそうですよね。
こういうのもたまにはいいですね。
photo3_2013112419520884f.jpg
左側の男性の視線と右側の男の子の指差しなどが、この場の雰囲気を
物語っているように思います。

一口にマラソン大会といっても、いろいろな楽しみがありますね。

石川さんは、今までがむしゃらに走り地獄を見てきたので、今回は
マイペースで走ったそうです。

感想は、「気持ちよかった。10キロが短く感じた。来年はフルマラソンに
出るぞ。」と楽しそうでした。

神村さんとは会場では行き会えなかったのですが、家族三代で参加して
その後、昼食を食べに行かれたようです。

今日走ったマラソンのことを話しながら美味しいものを食べ、
家族にとって楽しい一日だったのではないでしょうか。

私は、目標達成のために走りました。
その公の目標時間は10キロを53分以内、そして、隠し目標は50分以内でした。

結果は、ネットタイムで51分22秒。

さて、次は12月8日の袋井クラウンメロンマラソン大会で3キロのコースを
走ります。

そして、その大会で私のマラソン大会出場が一周年を迎えます。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

伊豆大島

下の写真は、10月下旬の東京の竹芝桟橋での夜の光景です。
RIMG2728.jpg
並んでいるのは、10月11日の台風26号による被害を受けた伊豆大島での
救助や災害警備活動のために、乗船の順番待ちをしている警視庁の
人達でした。

他にもオレンジ色の制服を着た消防庁の人達も同様に乗船待ちを
していました。

翌朝、船は伊豆大島の岡田港に到着したのですが、台風による
土砂崩れで、道路が寸断されたままの場所がありました。
RIMG2742.jpg
船は岡田港に入港したので、被害の大きかった元町港方面の様子は
わかりませんでしたが、そちらはテレビで見るように、この何十倍も
悲惨な光景が広がっていたのでしょう。

先に下船して整列しているオレンジ色の制服を着た消防庁の人達と
下船中の紺色の制服を着た警視庁の人達。
RIMG2739.jpg
救助活動などをしている消防庁、警視庁、自衛隊などの人達を
テレビで見ていたときと、これから救助活動などに向かうこれらの
人達を現実に直接自分の眼で見たときでは、自分の胸にこみ上げる
感情が明らかに違うのがはっきりわかりました。

テレビで見ていたときと時と比べると、
心から「ありがとうございます。」というような感謝の気持ちが
こみ上げてきたのでした。

やはりライブであっても画面に映る映像を見るのでは、感動・感激・
感謝など心から感じるものが少なくなってしまいますね。

「ありがとうございます。感謝します。」と、自然に心の中でお礼を
言っていたのでした。

酒井和久

テーマ : その他
ジャンル : その他

しまだ大井川マラソン その5

しまだ大井川マラソンに初参加して、思いついたことを並べてみます。

1.できる限り早く現地に到着すること
  スタート時刻の1時間30分前ぐらいには到着したのですが、
  参加者が多く、混んでいるので、何をやるにも時間がかかります。
  着替え、トイレ、荷物預け、ウオームアップ。
  そのなかでもトイレ。「小」だけならいいのですが、「大」の方は
  数珠繋ぎ。女性の気持ちがわかりました。
  逆に、女性参加者は男性に比べると遙かに少ないので、空いて
  いました。特に、男性更衣室の会場となった建物の女性トイレは
  空いていましたね。
  なんだかんだで、ウオームアップはできませんでした。

2.仮装にもいろいろ
  同業の行政書士に江塚さんという30代の男性がいます。
  彼は、いつもスーツ姿で冬になるとチェスターコートを着たりして
  まあ、キチッとしているという印象で、同業者仲間からは、
  江塚さんは、風呂へもスーツ、寝るときもスーツではないかと
  からかわれています。
  9月に参加した遠州リレーマラソンには、江塚さんも出場して
  「江塚さんはスーツに革靴で走ればいいじゃん。」と言われて
  いたのです。
  そしたら、しまだ大井川マラソンの参加者にスーツ姿が二人
  いたんです。一人はランニングシューズでしたが、もう一人は
  革靴なんです。驚きました。
  やはり、江塚さんにはスーツに革靴で走ってもらわないと。
  最後に、江塚さんはスーツ、コートでキチッとしている
  書きましたが、特にカッコいいわけでも、センスがいいわけでも
  ありません。
  いつもスーツを着ているというだけですから、そこんところを
  お間違えのないように!
  
3.しまだ乾杯タウン
  フルマラソンを走ったあとは、しまだ乾杯タウンで楽しみました。
  最初に温泉施設で汗を流し、その後、居酒屋さんでお疲れ様会。
  大会参加者は最初の一杯が無料という特典があり、生ビールの
  美味しかったこと。
  早朝から夜まで、長いようで短い楽しい一日でした。

4.来年は
  来年も出ようかなと思っています。
  年に1回、体力診断のつもりで出ようかなと。
  目標は、ネットタイムで4時間30分切りです。
  そう言いながら、密かに4時間切りを何とかしたいと欲張って
  います。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

しまだ大井川マラソン その4

幸多かれ!と祝う。

前回、しまだ大井川マラソンで「母」「娘」とプリントされた
Tシャツを着た参加者のことを書きましたが、もう一組、
心に残るプリントTシャツペアのことを書きます。

スタートして、大井川河川敷のコースを走るようになってから、
仲良く併走している男女のペアが見えたのですが、
その男性の背中には「私たち二人は」と、
女性の背中には「結婚します。」とプリントされていました。

私より先に、その二人を追い抜いていく人たちが「おめでとう!」と
声を掛けて行きます。

私は、その二人に追いついたときに、私の隣を走っていた女性の
グループに「二人に割り込んで抜いていこうかな~。」と声を
掛けたところ、それに賛同するような笑い声があがりました。

私は、二人の直後まで迫り、二人を手で掻き分けるような仕草をして
今にも割り込むようにしたところで、先ほどの女性グループから
「キャアー、止めてぇ~。」の悲鳴。

私は、割り込みを中止してその横を追い抜いて走り去りました。

この二人に、「幸多かれ!」と祝う。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

しまだ大井川マラソン その3

しまだ大井川マラソン大会で、生まれて初めてフルマラソンを
走ったのですが、距離も時間も長いので、周囲を見る余裕があり
楽しいことがいろいろとありました。

フルマラソンを走る女性のスタイルは美しいですね。

スタート位置に集合するために、私の前を女性の二人連れが歩いて
いたのですが、左側の女性が着ているTシャツの背中には「母」、
右側を歩いている女性の背中には「娘」とプリントされていました。

どう見ても、友達または姉妹かなと思えるようなスタイルで、
「母」の女性のほうが少し背が高く、スラッとして見えるのです。

そうなると、やはり前に回って確認してみたくなるのが人情です。

追い抜きながらチラッと横から見ると、「ああ、多分親子だろうな。」と
思いましたが、でもいいですよね。

娘と同年令に見えるスタイル。そして、健康でもあると思います。
さらに、子供と同じことができれば親子関係もいいでしょうし。

お金もそんなにかからず、美容と健康に良く、家族関係も良くなる。

マラソン、お勧めですよ。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

プロフィール

じゅげむ

Author:じゅげむ
行政書士渡辺航三(代表)、行政書士酒井和久、補助者4名
(業務内容)
建設業許可、産廃業許可、運送業許可、古物商許可、会社設立、会計記帳、遺言・相続手続、農地転用 他
(所在地・連絡先)
浜松市北区三方原町476-5 
Tel:053-439-0249
気軽にご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。