FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走る村 うるぎ

10月8日、売木村の天気予報は曇りである。

いくら標高が800m程度の売木村でも日中は暑いだろうから、
出掛ける早朝に自宅付近を走る。

そして、売木村に入る前に標高1415mの茶臼山でも走る。
標高が高いだけ涼しく、酸素が薄いので低酸素トレーニングに
なる。

売木村に入り、温泉でゆっくりしてから、二泊三日の宿である
古民家民宿にチェックインして部屋に案内してもらう。

三部屋続きの一番奥の部屋であったが、隣の部屋とは壁ではなく
襖で仕切られているだけ、テレビなし、エアコンなし、トイレは
男女共用でくみ取り式など、設備的にはいいところはないが、
女将さんの人柄、料理、そして、古民家特有のエアコンどころか
扇風機も不要な涼しさ爽やかさが、コストパフォーマンスを
高めている。

そして、美味しい蕎麦団子をいただきながら宿帳に記入する。

女将さんに、売木村ではマラソンのトレーニングと避暑(保養)が
目的だと答えると、奥から一冊の本を持ってきた。

それが、走る村うるぎのウルトラマラソンランナー重見高好選手の
物語「小さな村のウルトラランナー」であった。

ペラペラッと本をめくり読み始めると引き込まれていった。

そして、その本を女将さんから借りて二日間で読破し、帰りには
もう読んだその本を自分への土産に買ったのである。

酒井和久
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

一人合宿/売木村

私は、フルマラソンを4時間以内に完走すことを目標としているが、
なかなかハードルが高い。

少しずつ練習をしているのだが、今まで本格的な陸上競技をやった
ことがないため、効果のある練習ができていない。

そんな時に、あるジムを知ったために、この4月から週二回通って
いる。

私が勝負を掛けているレースが10月30日にあるため、そのジムから
7月は、質より量で、なるべく距離を走ってくださいとの指導があった。

しかし、7月は暑い。

どこかの高原で一人合宿をして、距離を稼ごうかなと考え、自宅から
近くて、温泉があり、走りやすそうなコースを設定できそうな地域を
考えたのが、長野県売木村であった。

売木村は、これまでも何度か訪れているが、治部坂峠から
登った大川入山や蛇峠山などの帰りに、売木村の温泉に
立ち寄っただけで、村内で過ごしたことはなく、通過しただけの
村であった。

そして、今までの売木村の印象は、狭い、人が少なさそう、
田舎、山里、温泉、ノンビリであった。

今回の一人合宿は、隣接する平谷村、阿南町新野の二ヶ所も
候補に上がったが、最終的に売木村に決めた。

特別な決め手があったのではないが、温泉、宿泊施設、食事処、
土産物屋などが、村の中心地に集まっているので便がいいかな。
鄙びた山村の雰囲気がいいな。
ネットで予約できる宿があったこと。
などが選択の理由であった。

この村の標高は800mほどあるから、日中はともかく朝晩は涼しく、
走りやすいだろうし、避暑にも保養にもよさそうだ。

出掛ける数日前に、再度下調べをと売木村のホームページを確認すると
なぜか気がつかなかったが、「走る村うるぎ」とあった。

そこをクリックすると、重見さんという国内屈指のウルトラマラソンの
ランナーが、村おこしとして「うるぎ村」の名前を背負って多くのウルトラ
マラソンに参加、そして、村を訪れるランナーのサポートをしているとの事が
紹介されていた。

そして、重見さんと村が設定した4k~17k程度の「走る村うるぎ おすすめ
7コース」がある。

なんという偶然か。私の考えていた一人合宿にピッタリではないか。

しかし、この偶然は、単に走りやすい環境があるという外面だけは
なく、私の内面にまで関わってくるとは思ってもみなかったのである。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

日傘

ここ数年、「しまだ大井川マラソン」で4時間を切るという目標が
なかなか達成できないために、今年4月からはジムに通ったり、
月1回程度マラソン大会(ハーフ)に参加したりと、今年こそはと
いう意気込みで毎日の生活を送っている。

毎日の生活と書いたのは、トレーニングにより走力をアップする
だけでなく、体重を落として、より軽く走れるようになろうということも
考えているからである。

朝のトレーニングなどは別にして、昼間はパソコンに向かう仕事が
多く、外出時は車を使うために運動不足になる。

そのために、一ヶ月ほど前からコンビニでカロリーの低い昼食を
買うようにして、さらに、事務所からそのコンビニまで歩いて
往復するようにしたのである。

事務所からコンビニまで往復800m程度の距離で、約1,000歩ある。

これはグッドアイデアだと実践していたのであるが、最近の暑さで
どうしようかと考えたのが日傘の使用である。

帽子好きな私は、帽子を被って行くことも考えたのだが、やはり、
帽子が額に触れるところは汗が滲んでくるし、直射日光が顔や
体に当たる。

それよりも、日傘なら帽子は必要ないし、日陰になる面積も大きく、
涼しい。

欠点は、少し気恥ずかしい事かな。

酒井和久

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

3キロレースで勝負

それは、小学校4年生の男児Dが先日開催された浜松シティマラソン3キロの
男子小学生3・4年生の部に出走して、13分33秒でゴールしたことから始まった。

IMG_7474.jpg
左はハーフを走ったタイガーマスク、中央がD、右が私である。

以前、Dの姉Mとは5キロレースで勝負をしたことがあったが、シティマラソンで
Dが思っていた以上の好走をしたため、Dと3キロレースで勝負をして勝てる
可能性があるのは今しかないと決断した。

決戦の日時と場所は、今年の12月開催される袋井クラウンメロンマラソン大会の
3キロコース。

そのときは小学校5年生になっているDと、Dの何倍もの年齢を重ねている私の
真剣勝負である。

Dは、これから10ヶ月の間にぐんぐん成長していくが、私は伸び代が少ない。

さらに、私の過去の3キロレースの成績は2年前のクラウンメロンマラソン大会で
記録した13分36秒である。条件が違うとは言え、すでに3秒負けている。

しかし、12月の本番までトレーニングをして、当日は頭を使った作戦を立てれば
勝てる可能性はあるのだ。

他人から見ると馬鹿馬鹿しいかもしれないが、すご~く年の離れた小学生とむきに
なって真剣勝負をするのは気持ちが高揚し若返る。

今から、袋井クラウンメロンマラソン大会が楽しみである。

酒井和久

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

「6パック」と呼ばれたい!

最近は、よく「6パック」という言葉を聞く。

腹筋が6分割されて見える様子を表現する言葉である。

思えば、私も昔は「6パック」であり、友人にも「6パック」が
多くいた。

なぜか?

それは、私がスポーツマンだったからではなく、スマート
(単に痩せていた)だったからである。

キャンプで、友人3人と撮影した上半身裸の写真。
揃いも揃って「6パック」。全員痩せていただけである。

それから、○十年。

もう一度、「6パック」を取り戻したい。
それも○○○ッ○などに頼らず、自分の頭と体のみで。

そんな、あなたに朗報!

誰でも簡単に「6パック」と呼ばれるようになる方法がある。

それは、

できれば毎日、少なくとも3日に一度は缶ビールを買うのだ。
そして、そのことを周囲の人間に吹聴するのである。

「毎日(3日に一度)、缶ビールを買っている。それも、6缶が
梱包されているものだけを買って飲んでいる。」

そして、

「缶ビールが6缶で梱包されている状態を『6パック』と言うそうだ。
だから、これからは俺のことを『6パック』と呼んでくれ。よろしく。」

缶ビールの6缶梱包を「6パック」と呼ぶことを、数ヶ月前に知った。
日本人宇宙飛行士の話だったと思うが、いつも、「6パック」の
缶ビールを買う友人がいて、あだ名が「6パック」となったそうである。

どうです。これなら誰でも簡単に「6パック」と呼ばれるでしょう。

さて、実は私。
本気で「6パック」に挑戦中。
ただし、テレビCMなどで見るギチギチな「6パック」でなく、もう少し、
穏やかな「6パック」の状態を目指しています。

このブログで、その結果を公開できるのか?

そして、称賛されるのか?
それとも、公然○○○○罪を問われるのか?

運命の分かれ道である。

あ~、そうそう、これを読んでいる貴方。
間違っても、「three pack(3パック)」と呼ばれないようにしましょうね。

酒井和久

テーマ : 肉体改造・ボディメイキング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

じゅげむ

Author:じゅげむ
行政書士渡辺航三(代表)、行政書士酒井和久、補助者4名
(業務内容)
建設業許可、産廃業許可、運送業許可、古物商許可、会社設立、会計記帳、遺言・相続手続、農地転用 他
(所在地・連絡先)
浜松市北区三方原町476-5 
Tel:053-439-0249
気軽にご相談ください!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。